薫、切り絵

k01

切り絵とは紙をカッターで切り抜いた絵のことで、
基本一枚の紙がすべて繋がっている状態になっています。
切った紙を色の違う下地の紙に貼ったり、
下地を貼らずに透かせて見せたりしています。(gallery参照)
いつも繋がりの部分が
自然な感じで繋がるよう下絵を作っています。
そして切り絵としてだけでなく
絵としても成り立つよう考えています。
ちょっとおかしい言い方かもしれませんが、
切り絵っぽくない切り絵を目指しています。

Kirie is the Japanese art of paper-cutting.
I cut out the design from a piece of paper
using a design knife.
And then, I glue the paper cut-out to a mat board.
The mat board can be either white or painted paper.
Sometimes I don't use any mat board,
so I can show the design transparently.
(see also "gallery")
When I make a sketch, I try my best to make sure
that the lines are smooth and a natural fit to the design.
I always create a design thinking
that the design should have
a similar impact to an artist's portrait.
It may sound weird, but my goal is
to make paper cut-outs
which don't look like paper cut-outs.

切り絵をはじめたのは
2006年、友人たちと初めてギャラリーで
グループ展をすることになり、
その出品作品として作ったのがきっかけでした。
我流で始めたので、毎回試行錯誤の連続でしたが
思い通りにならないことが
逆にはまるきっかけになりました。
普段仕事ではパソコンを使って絵を描いていましたが
切り絵はカッターで切る作業だったため
完全にアナログ作業で
失敗が許されない独特の緊張感、
紙の厚みによる陰影、
黒と白の完成したあとでわかるバランスなど
デジタルでは味わえない感覚に
自分自身が虜になっていきました。
翌年、初個展を経験し、作品作りがさらに楽しくなり、
今にいたります。その年に興味のあるものが
(心が動かされたもの)切り絵のモチーフになります。
切り絵を始めたころは動物や女性が多かったのですが
ここ数年は樹をモチーフにしていることが多いです。
樹の生命力を表現したいと日々考えています。

In 2006, I needed to produce some artwork
for an exhibition that I held with my friends.
So I began creating paper cut-outs.
I did not go to classes to learn the technique
but rather learned through a process of trial and error.
Via that process, I found the motivation to improve.
As I tried to create better designs,
I got hooked on paper cut-outs.
I am an illustrator who'd always
use a computer to draw digitally.
However, cutting paper with knife is totally an analog process.
Therefore, if I make a mistake I have to start over.
What make things especially difficult is
that I can only see the shading
and shadows that come from the thickness of the paper sheets
and the balance of the design when I have finished.
Knowing this, I always feel uneasy.
However, this sensation is addictive.  
In 2007, I held my first exhibition.
I really enjoyed making cut-outs for the show.
That experience even now continues to motivate me.
My design ideas come from
what has inspired me during the year.
For example, in the beginning,
I designed many cut-outs of animals and women,
but these days I often design cut-outs of trees.
I think of how I can show the energy that the trees exude.

kaoru

福岡県北九州市生まれ。
デザイン事務所勤務を経て
現在福岡市でイラストレーターとして活動。

2006年
切り絵と出会い、我流で切り絵を始める。
にょろぺグループ展「蒼い展」(ギャラリー風:福岡)
2007年
個展「キッタハッタ展」(ギャラリー風:福岡)
にょろぺグループ展「緑の展」(ギャラリー風:福岡)
2009年
個展「キッタハッタ展」(ギャラリー風:福岡)
2010年
第一回 IMAGINE展(ギャラリー風:福岡)
2人展「のんびり島散歩展 」(アクロス福岡:福岡)
グループ展「五楽展」(ギャラリー風:福岡)
グループ展「どうぶつえん展」(アートフレンズ:福岡)
2011年
第二回 IMAGINE展(ギャラリー風:福岡)
東日本大震災チャリティーポストカード展主催
2012年
個展「キッタハッタ展」(プロモ・アルテギャラリー:東京)
2013年
ミラノ・サローネ”Contemporary Japanese design”展 出展
第9回ベラドンナアート展(東京都美術館)出展
グループ展「恐竜アート展」(ギャラリー風:福岡)
2015年
個展「キッタハッタ展」(ギャラリー風:福岡)
2016年
2人展「TSUNAGARU展」(NHKふれあいホールギャラリー:東京)